最近の住所認証方式


ITから畑まで

home IT 雑貨  notti 投資
以前は住所を認証するのに、ハガキなどが届いて、それに書かれてある数値などをホームページ上で入力して、郵便物が本人に届いたか確認していたのに、最近は簡易・記録が届くだけで認証されるようになった。
日本郵便株式会社が簡易・記録の追跡・受け取り情報をネットのAPIなどで差出人に通知するサービスをはじめたんでしょうね。
2017-07-27
© 2017 notti.jp